ワキガ対策に有効なボトックス注射って?デメリットは?

syringe-1463762_1280

寒い冬でも気になるものですが、暑くなって汗をかく機会が増えてくるともっと不安が増してしまうわきが。

どうやってにおいを防いだらよいのか、いろいろと試してきた方も多いはずです。もっとも手っ取り早くできる対策に制汗スプレーがあります。

ただこれだとどうしても脇に白い跡が残ったり、そして、本当にわきがで悩んでいるとこれではまったく効き目がなかったり・・・そこでおすすめなのが、ボトックス注射です。

わきにボツリヌス菌を注射して、半年くらいは汗を止める効果があるというものです。この注射をすると、2~3日で本当に汗の量が激減し、暑い夏も快適に過ごすことができます。そしてなんといっても、汗の量が減るため、においも全く感じなくなります。

参考:わきが対策予備校 | 原因を元に改善方法やデオドラントランキングを紹介

この注射の効果は半年から10か月で薄れてしまいますが、寒い時期は制汗剤でなんとか過ごすことができるので、コンプレックスを解消させるためには大満足です。

様々な種類のボトックス注射が出ていますが、いろいろ試した結果、私にはどの薬も同じように効果がありました。また、副作用なども特に出ることはなく、継続して使用しています。

暑くなってくる前の、3月や4月には、様々な医院でキャンペーンが行われているので、来年もこのキャンペーンに乗っかって、不安を吹き飛ばしたいと思います。