わきがの程度によって違ってくる治療法

わきがには、軽度から重度といった程度の違いがあります。程度の違いによって、効果的なニオイ対策は違ってきます。

軽度のわきがの場合、市販の制汗剤でも効果を実感できることが多いです。病院では、塩化アルミニウム液という制汗剤が処方されます。ティッシュやコットンに染み込ませて、ニオイが気になる部分に塗って使います。

中度の場合、ボトックス注射や電気凝固法が効果的だとされています。ボトックス注射は、ボツリヌス菌により汗を出す伝達指令を麻痺させ、汗を減らし、ニオイを抑えることができます。

電気凝固法は、毛穴に電気針を刺し、高周波電流によってアポクリン腺組織を破壊します。脱毛効果も同時に得られます。

重度の場合、手術によるアポクリン腺除去が効果的だとされています。手術法には、直視下手術法である剪除法や、非直視下手術法である皮下組織吸引法、超音波吸引法、皮下組織削除法などがあります。剪除法は、直接医師の目で確かめながらアポクリン腺を除去するため、確実性が高いです。

ただ、皮膚を2~3cm程切開する必要があるので、傷跡が残る可能性があります。

他の手術法は、切開せずにできる手術法なので、傷跡も目立ちにくいです。ただ、医師の目で確認せずに行う手術法なので、確実にアポクリン腺を除去することが難しく、再発する可能性が高いです。